toggle
2019-04-05

インド政府公認 ハタヨガコースを修了しました




私はヨガの先生をしていますが、同時にyogi、練習者でもあります。

「先生もヨガを習いに行くんですか?」
なんて聞かれることがあるのですが
私もまだまだ知らないこと、学びたいことがあり、
豊富な経験をもつ先生の元でヨガを学んでいます。
基本は自分一人で行うセルフプラクティスなんですけどね。


2018年4月から、インド出身のクリシュナ・グルジ先生の元で
ハタヨガの指導者養成講座を受講しました。

一般的にヨガ指導者を目指す多くの人が受講する
200時間の講師養成講座(RYT200と呼ばれる資格がとれる)
は5年ほど前に修了していましたが、
自分自身での練習に加えて、
ヨガの学びは常にアップデートが必要だと感じ
今までも様々な素晴らしい先生の元で講座を受ける機会がありました。

今回受講したハタヨガコースは
月1ペースで1年間、1日7時間×12回の講座。
ほぼぶっ通しで4,5時間動き続けるということも…
(そう、かなりスパルタでしたよ〜汗)
それでも楽しくて、毎回楽しみでなりませんでした。

何よりも…
「今まで私は何をしてたんだ〜!?」
と思ってしまうくらい
グルジのヨガの知識が深すぎて
毎回メモが追いつかず。

アサナ(ポーズ)をただ形だけ極めるのではなく、
肉体を超えて、エネルギー、意識といった
微細なレベルでヨガをすることの大切さや
祈る(想う)ことの大切さを学びました。


さて グルジとは一体何者なのか…?

一言で言うならば まさにヨガに生きている人、でしょうか。

真のヨギとは、
すごいアサナができるとか
ヨガの知識をたくさん持っている人
のことを指すのではなく、
普段の思考、行動、全てにおいて
ヨガの状態にある人のことを言います。


7歳の頃より父からヨガの指導を受け、ヨガ歴は30年以上。
(お父さんは、かの有名なスワミ・シヴァナンダの直弟子だったそう!)

リシケシのアシュラムやヒマラヤでヨガの修行を続け、10年前に来日。
今は日本各地から引っ張りだこの大人気のヨガの先生です。

グルジはいつもウィットに富んだ話をしてくれるのですが
「私は日本の”ヨガ警察”です」と話していたのが面白くて印象に残っています。


様々なヨガのスタイルが生まれている近年の日本のヨガシーン。
なるべく安全で正しいヨガを広めたい
そして正しくヨガを伝えられる指導者を増やしていきたい
という思いがあるのではないでしょうか。

グルジの詳しいプロフィール及び経歴は クリシュナ・グルジ オフィシャルサイトでご覧ください。
なかなか読み応えがありますよ。


グルジからは、本当にたくさんの大切なことを学びました。
細かいテクニック的なことはさておき
ヨガを行う上での大切なエッセンスをちょこっとシェアしますね。

■ヨガの目的は健康を維持しながら、内側を進化させること
■ハタヨガとはエネルギーの運動である(体を使ってエネルギーを高め、浄化する)
■瞑想は”する”のではなく、ただ”いる”こと
■生活の中でも能動(ハ)と受動(タ)のバランスをとる
■原因は全て微細体にある


さて タイトルにも「修了した」と書いたものの、 実はこれで終わりではなくてですね…
4月からまた1年、グルジの元で
「哲学」及び「ヨガセラピー」を学んでいきます。

そこでもきっとたくさんの気づきがあると思います。
皆さんにもクラスでシェアしていきいますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね。
関連記事
Comment





Comment